若者によくある早漏の原因

早漏は多くの男性の悩みになります。その中で、大部分は若い男です。「どうして若者は早漏になりますか」という疑問をよく聞きました。若者が若くて、精力旺盛で、早漏になりやすい話が無理だと考えている人がたくさんいます。しかし、本当にそうですか。実は若者が早漏になりやすい話は事実です。皆様の疑問を解決するために若者は早漏になりやすい原因を説明します。
1.若すぎ
これは、本人の意志に関わず、射精をしてしまうタイプの早漏のことです。若ゆえの経験不足からくるものや、性欲も元気するぎるという意味の心因性な感じはなく、若さや元気すぎるがゆえに、皮膚が敏感な状態のため性器への刺激を過剰に感じてしまって起こるタイプのものです。過敏性早漏というものです。皮膚や粘膜の神経と、亀頭の感触神経がとても過敏な状態になっているのでちょっとの刺激にもすぐに、射精を促す神経が刺激されてしまいます。しかし、若いから、今早漏に悩む必要はなく、誰もが通る道でもあり、逆に若い年齢で早漏であるということはそれだけ身体が健康を証明します。

2.包茎
これは早漏になる最大の原因です。包皮にペニスが覆われた状態になっているので、普段パンツのなかでおとなしくしているペニスも、包皮に覆われているので亀頭や亀頭頚とパンツとの摩擦がほとんどなく、基本的に刺激を受けていないことになります。包茎が原因で早漏なのを「包茎性早漏」という名称がついています。

3.オナニーのしすぎ
これは、多くの男性のオナニーの方法として皮オナニーをしてしまうことを招きます。だから、早漏を引き起こす原因とされています。やはり、皮オナニーは女性の膣に挿れたときの感じが違います。習慣になってしまうといざ膣内にペニスを挿入すると、その感触の違いに一気に快感が押し寄せますし、我慢ができなくなってしまいます。そういった皮オナニーに慣れすぎたことが原因で、早漏体質になってしまう男性も多いのです。また、オナニーと言えば射精のタイミングで射精を控えられます。しかし、オナニーでイキたいときにイクという習慣を付けてしまっては、実際のセックスで射精をコントロールすることが難しくなってしまいます。

だからこそ、若者は早漏がよくあると言います。日常生活で注意してください。