早漏の種類

早漏にはいくつかの種類があります。詳しく情報は以下のように分類されます。

・仮性早漏

これはおもに若者たちや長い時間を渡って性生活が行わないひとの間によく発生する症状です。セックスの経験が少ないために、性交渉をしている時にかなり緊張したり、怖がったりする気持ちで予想より射精してしまったんです。

・包茎性早漏

仮性包茎の人なら、普通の時に亀頭が包皮に覆われており外からの刺激が感じられません。そのため、性生活を行っているうちにの亀頭の刺激によってすぐに射精してしまいます。

・心因性早漏

ナイーブな男性や感受性の豊かなタイプの男性によくみられる症状です。大脳で感じる性的な快感が非常に敏感に反応するので、少しの刺激にもかかわらず大きな刺激を受けたように感じてしまい、過度な興奮を起こし射精を早めてしまいます。

・過敏性早漏

この前の心因性早漏は精神的なものが原因でしたが、こちらの過敏性早漏は生理面な刺激に過敏に反応し射精を早める、というものです。実際に個人の気持ちや性の感覚がそんなに興奮していなくても、性器やその周りの皮膚が非常に敏感になるため、射精に至ってしまいます。スポーツマンや若年者に多く報告されています。

・衰弱性早漏

衰弱性早漏の人は自分の意思にかんけいなく射精に関する器官や筋肉が弛緩されてしまい、そのため射精を抑えることができず、早漏となってしまいます。中年の人やその前後の人、学者や頭脳労働者によくみられるタイプです。本来射精を我慢する際は射精筋肉を使い射精を止め、タイミングをコントロールします。